ニュース

no image

出自を知る権利は保証されるべき

民法で精子提供/卵子提供で産まれた子の認知規定が成立する予定となりました。同性婚や選択的シングルマザーの扱いなど、まだまだ課題は残りますが、大きな前進と言えます。 問題は、この記事にある通り、出自を知る権利が棚上げされて…

no image

性的少数者用のカップル宣誓書サービス

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000047881.html

no image

DNA追跡サービスで遺伝上の親を知る

https://forbesjapan.com/articles/detail/26965アメリカを中心として、DNA

no image

死後の精子利用が認められる

https://front-row.jp/_ct/17275393アメリカで死後に、生前の精子を用いた精子利用が認められました。もともとアメリ

no image

より多様性のある子育て支援が必要

政治家が「子どもを三人産むように」と言って、騒ぎになっています。

no image

「出自を知る権利」を守ります

フランスで人工授精児が出自を知

no image

深刻なドナー不足

https://www.asahi

no image

ルール不在の精子提供

no image

出自を知る権利を保証します

https://www.asahi.com/articles/DA3S13785129.html上記の記事にある通り、生殖医療についての法整備は遅々として進んでいません。慶應大のAIDについても、提供者の個人情報を子に伝える可能性を示唆した時点で提供者がいなくなるという状況です。「精子提供はしたい、でも自分の個人情報は知られたくない」という態度は、いささか無責任に思えます。出自を知

no image

生殖補助医療の法整備が議論される

https://mainichi.jp/articles/20180929/k00/00m/040/199000cようやく日本政府も法制化に乗り出したようです。この改正による